ホンダのCM曲がオシャレなのでオススメを10曲紹介したい




ホンダのCMを見た際に

「タレントがほとんど起用されていない」

と言う事にお気づきでしょうか?

ほとんどのCMで「クルマが主役」になっていますよね?

クルマに焦点を当て、軽快な曲に乗せて颯爽とクルマが駆け抜けていく。

そんな構図のCMが多いんですが

ロケ地やCMに起用される曲のセンスがたまりませんよね!

最近だと米津玄師の曲が起用されていますが、現在放送中のホンダのCM以外に
過去に放送されたCM曲もかなりオシャレな曲が多いんですよね。

では、現在までに放送されたホンダのCM曲を個人的にオススメの10曲を紹介したいと思います。

Suchmos 「808」

ホンダVEZELの「もうひとつの日常へ」編のCM曲です。

赤のホンダVESELがモノクロの背景とマッチしてカッコいいですね!

CM曲のタイトル通り

ナンバープレートも「さ 808

になっていてホンダのSuchmosへの愛が感じられますね。

追記:CM曲のリンク切れの為、公式MVに差し替えています。

Mark Ronson 「Uptown Funk」

この曲はホンダFITのCM曲でしたね。

ホンダFITと言えば今やホンダのコンパクトカーの代名詞ですね。
と言うのも初代FITは2007年に
世界累計販売台数が200万台を超えると言うトンデモない記録を持っています。

このCM曲を実際に歌っているのはMark Ronsonではなくて
Bruno  Marsをボーカルに迎え入れたコラボ曲になりますね。

このFITのCMが放送された2016年のNFLスーパーボウルのハーフタイムショーでも
この曲が披露され話題になりましたね。

米津玄師 「LOSER」

この曲は、ホンダJADEのCM曲ですね。

余裕を愉しむ人のエレガントワゴン」がJADEのキャッチコピーなんですが
CM曲と相まってスタイリッシュでスポーティなCMになっています。

2016年にリリースされたこの曲、米津玄師の代表曲として今でも根強く支持を得ています。

ONE OK ROCK「Change」

ホンダジェットのCM曲ですね。

自動車メーカーが飛行機?

と疑問の方が多いと思いますが、実は1997年頃からホンダジェットプロジェクトは進んでいたようです。

この曲はCM放送が始まるやいなや

なんと、1ヶ月間で約1900万再生回数を記録しました。

CMではホンダジェットも気になりますが、あのダンサーも気になりますね。

調べてみたのですが

「Brandon Shaw(ブランドン ショウ)」

と言う振付師、ダンサーだそうです。

Nulbarich 「NEW ERA」

ホンダGRACE(グレイス)のCM曲です。

曲の雰囲気とマッチして大人っぽいオシャレなCMですよね。

そして歌詞の「Keep it cool 回避しろpanic 」

がこのクルマの安全性をアピールしているように思えますね。

ちなみにこのグレイスのキャッチコピーは

「大切な人に、グレイスを。」です。

 

少しトリビアになるんですが

この曲を歌っているNulbarich

ボーカルのJQ以外のメンバーは固定されておらず、謎の多いバンドと言われています。

そしてCMでは、全身黒でハットを被ったシルエットが登場するのですが
彼らのマスコットキャラクターである「ナルバリ君」ではないか?
と言われています。

CMに起用されるアーティストをリスペクトしている
ホンダらしい気遣いが見受けられますね。

The High-Lows「日曜日よりの使者」

この曲はホンダのキャンペーン

Do you have a HONDA?」のCM曲ですが

映画「ゼブラーマン」の主題歌でもあり

高校野球の応援歌でもあり…。

当時は何かと耳にする機会が多かった曲でしたね。

元々はアメリカの伝統音楽なんだとか…。

このCMでは園芸部のお兄さんが楽しそうに
耕運機を動かしてるのが印象的でした。

動画を探して見たのですが、ASIMOのCMにも起用されていたので
コミカルなASIMOの動きをどうぞ。

Pharrel Williams 「Happy」

この曲はホンダFREEDのCM曲です。

このCMではチュートリアル徳井と蛯原友里が出演しています。

この曲のMVの日本版ではふなっしーが出演して話題になりましたし、
世界22ヶ国でチャート1位を取ったキラーチューン。
知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに車種のFREEDとは

FREEDOM(自由)とDO(行動)の造語だと言われています。

FREEDはモビリオの後継車にあたるのですが、モビリオもMobility(移動、移動体)からの造語だそうです。

Dream Come True「Love Love Love」

名曲中の名曲ですね。

この曲はホンダオデッセイのCMで起用されています。

英語バージョンで歌われていますが、シングルでの発売はなく
CM効果でリリースしてほしいと当時は問い合わせが殺到したそうです。

アルバムの初回限定特典についている…とか

さらに幻のショートバージョンがある…とか。

どちらにせよ、ファンの方々が喉から手が出るほどのレアな一枚だとか…。

Bruno Mars 「Locked Out Of Heaven」

この曲は中国ホンダのJADEのCM曲です。

日本では放送されていないんですが、妖艶でセクシーなCMになっています。

CM曲の「Locked Out Of Heaven」のトリビアなんですが

実はThe Policeと言うバンドの「Message In A Bottle」によく似ていて、Brunoが彼らの曲を参考にしていたから…。

いわゆるリスペクトで、Brunoも過去に

The Policeのコピーバンドをしていたようです。

中国仕様のJADEは日本のJADEより先行してマイナーチェンジされているのですが
このJADEは元々、中国やアジア向けに発売されたのが理由だと言われています。

まとめ

いかがでしたか?

ホンダのCMの選曲してる人…センスが凄いですよね。

それにアーティストへのリスペクトや
ちょっとした遊び心も忘れない。

個人的に思い入れがあるモビリオのCMに使われていた「Killer Queen」や
初代オデッセイのCM曲の「アダムスファミリー」もオススメです。

気になる1曲が見つかったのなら嬉しいです。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です