【どうした日ハム】もはやネタでしかない謎グッズが販売される。




どうも、ハンカチのプロmotosaaaan(@mtk3773)です。

プロ野球交流戦、始まりましたね。

あまり観てないけど。

観てないけど!

そもそも、かれこれここ数年熱心にどこかの球団を応援していないのも手伝って興味が薄れてきているのもある。

一応、阪神ファンと言っておくべきだろう。
関西圏に住んでいる以上、阪神ファンかつオリックスファンと言っておかなければ
道頓堀川に突き落とされたり、あつあつのたこ焼きを熱々のまま口に放り込まれると言うような仕打ちともはや市民権を得られないのでは?と時々考える程である。

嘘です。

さて、そんなプロ野球の話なのだが少し気になるグッズのニュースである。

「623日ぶり!!!」

このマイナスイメージをプラスにしてグッズにするとは日ハム広報…なかなか。

そこで、思った。
きっと「Hunter×Hunter」的状況ではないか?
連載ペースと換算してみればほぼ同じである。
もはや、斎藤佑樹=冨樫義博
なのではないだろうか。

自分としてはこのグッズが出るのに対し、よく斎藤佑樹本人から快諾を得たのが凄いのだが…
斜め上を攻めすぎた自虐にまみれた球団グッズではなかろうか…。

元々新庄剛志や森本稀哲、糸井嘉男と言ったかなり不思議な選手がいた球団故に斎藤佑樹…不名誉ながらも愛すべきタレント軍団と言うべき日本ハムファイターズ…目が離せない。

もはや斎藤佑樹グッズはフラグとしか言えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です