だるログ

関西在住アラサー男子の備忘録。アニメとかいろいろ。

【最善を尽くす】その道のプロについての話し。

毎月半ばに会議やっているのだけれど…。
毎度毎度、身のないやつだ。
本当にどうしようもない。

過去に会議について書いたが。

やはり論点がズレている。
そもそも、そういう会議を自分は求めていない。
最近は頭に入れずにメモを取るスキルを取得した。
いわゆる「無」の状態でのメモである。
耳と目と手だけを集中させる、なにかに目覚めたようだ。


今回のお話はこうだ。
ざっくりと例えるならば
あなたは電気屋さんにて、愛着のある古いテレビを修理するか、新しいものにするかを相談しに行く訳です。

そこで店員さんに古いテレビの詳細を伝え、なぜ古いテレビが壊れてしまったのかを相談しますが「えーっと…うーん…業者に頼んでください」
と言った具合に原因がわからないと言います。

さて、そこであなたは思います。
「おまえほんまに、プロなんか?」


と言う具合である
例えば「ここのテレビはここが弱りやすくて正直、数年使えば交換が必要でしょう。
でも新しいテレビに買い換えるには今は部品を交換するだけで良いし、早いように思えます」
と言えばどうだろう?
裏打ちされた、根拠のある情報があればその人の接客を受けたいですよね。


さて、介護の話しに戻そう。
では自分の親の介護をしていて毎日夜中のトイレが多いのだけれど、それって病気なの?と介護施設の職員に相談します。
「えーっと…わからないので、病院に行くことをお勧めします」

これだと相談事の丸投げで全部医者任せだし、求めていた答えと違うし「はぁ?」となるはずだ。
正直言うとそんな事もわからないのによく人の命を預かれるなと思う。
ズバズバと厳しい意見を言うが、やはりプロとしてどうなのか?と言うところだ。


電気屋の店員は業者ではないが、製品に対して豊富な知識を持っていて相手の生活環境に対してアドバイスが出来る。

介護職員は医者ではないが、認知症の症状や身体についての知識を持っていてその人やその家族に対してアドバイスが出来る。

こう言ったところだ。
先ほどの夜間頻尿、夜間多尿に関して言うならば
尿は腎臓にて作られるのだが、加齢により腎臓の働きが低下したり日中の水分不足、もしくは水分の過剰摂取が考えられる。
男性の場合だと「前立腺肥大症」や「過活動膀胱」といった症状で多尿になってしまう場合が多く見られる。
他には睡眠障害なんかも考えられる。

と長々となってしまったがこういう原因で多尿や頻尿になるし介護負担が大きくお互いの生活に支障が出るようなら受診を勧める。
もちろん、本人次第ではあるが。


正直こういう事を知らない介護職員はたくさんいる。
やはりお金を貰って仕事をしているのなら、ある程度、知識は必要なのだ。
これがプロだと思う。