だるログ

関西在住アラサー男子の備忘録。アニメとかいろいろ。

【カードゲーム】ハトクラやってみた話。

ドミニオンに続きハートオブクラウンズ
通称
ハトクラ
をやってきた。

内容はドミニオンに似ている。
ドミニオン記事はこちら。


さて、ハトクラはゲーム進行がドミニオンよりもやや長い。
ドミニオンの場合だと自分のデッキに勝利点カードが何点あるかで勝敗が決まるのだが、ハトクラは場に20点分の勝利点がセットされたら終了
なのである。

さらに!
20点分セットするにはまず「姫」を擁立する必要があるのである。

雰囲気としてはこんな感じ。
写真手前のカードが姫。
いろんな姫がいるので戦略は色々!
まずは姫を擁立するために6コスト分必死でかき集める事が必要。

しかし姫も序盤に擁立するも終盤に擁立するもプレイヤー次第であり、自分は序盤に擁立させてサッサと上がる方が性に合っているようだ。

さて、ドミニオンと同じく勝利点カード(メイドさんや議員や公爵)と領地(農村、都市や大都市)に加えて便利カードである。


初手はプレイヤーが任意で選べて手元の農村の枚数が少ないプレイヤーから順番が決まる。
まずデッキだが、農村7枚とあとは見習い侍女3枚である。

出来る限りこの2枚はサッサと圧縮し廃棄したいのである。
と言うのも姫を擁立する際に3枚の領地が必要になるのである。
つまり6農村で擁立した際には3農村が必要であり、下に書いてある勝利点-2×3で、-6点スタートになるのだ。

そして見習い侍女である。
これはただ-2点カードであり、通称「ダメイドちゃん」である。
廃棄できるカードがあるならサッサと廃棄をオススメする。
もしくは勝利点カードは姫にセットできるのでセットして-4点スタートでも良い。

便利カードについてはかなり豊富なのだが、こちらは常に9枚場にカードがストックされていて、ストックされているカードがなくなれば中央の山札からひたすら9枚になるようストックされる。



長々となってしまったが正直、擁立する姫に関しては
完全に好み
である!
どうしても絵柄が萌え萌えしてしまうがゲームとしての完成度はかなり高く、大人数でも楽しめる為(ダメイドちゃんを除いて)ワイワイ楽しめる良いゲームである。