だるログ

関西在住アラサー男子の備忘録。アニメとかいろいろ。

日本で落ち着きのないベーシストを紹介する話。


バンドでベースと言えば地味でギターとどう違うのかよく分からないしなんか、ドラムとギターはカッコいいのになんだか存在感ないよね。
モテなさそうだし誰もやりたがらないイメージが先行するのだが、リズム隊の要である。



「ブンブン、ベンベン、ボンボンやってさー。
ギターに比べてソロもあんまりなさそうだし簡単そうじゃね?」
否ッ!!!
そう思ってる奴、前に出ろ!

歯ぁ食いしばれっ!!!

修正してやるっ!!!


ベースは果たして地味なのか?
と言う訳でテクニックも凄いが存在感ゴリゴリに前に出してくる前衛的ベーシストを紹介しよう。


UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也

アニメ「TIGER&BUNNY」や、最近だと「血界戦線」の主題歌で話題になったバンドである。
個人的には「桜のあとに」という曲が好き。

彼は初っ端からゴリゴリ攻めてくる。
アモーレ長友と同じぐらいの豊富な運動量、強靭なフィジカル。
体育会系ベーシストである。

MVでは控えめなので、ライブMVの映像だがいかがだろうか?
曲が頭に入ってこないぐらいの存在感である。

RIZE kenken

RIZEDragon Ashのベーシストkenken。
兄はRIZEのドラマーで俳優の金子ノブアキだ。
見た目とテクニックも凄い、変態ベーシストである。

とにかく、指の動きがおかしい。
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ



正直挙げだしたらキリがないので2人をピックアップしたのだが、いい感じの変態具合が垣間見れたのではなかろうか?
ベースが地味だと言った奴
もう一度前に出ろッ!!


おしまい。